2020年11月24日火曜日

<モルドバ国際結婚>滞在許可証申請の仕方(体験談)その1※2020年の情報の追記有

<モルドバ国際結婚>滞在許可証申請の仕方(体験談)その1※2020年の情報の追記有


こんにちは、ぽんたです。

皆さんは海外移住に興味がありますか?

今日はかれこれ7年も日本を離れて海外で生活している私が、

モルドバ人夫との結婚を通じてモルドバで滞在許可を申請し、取得するまでの流れその1を紹介したいと思います。
※赤字で2020年11月現在の情報を追加訂正しています!



(その2はこちらから↓滞在許可証申請の仕方その2


私が取得したのは2019年の9月で、取得に向けて具体的に動き出したのは7月の頭か6月の末くらいでした。少し出だしが遅かったかな、という感じです。法律は変わるので、その都度移民局に問い合わせて確認する必要があります。



ちなみに、、、
モルドバでのモルドバ人との婚姻手続きの方法は↓ 

トルコでの滞在許可証の取り方は↓
 

で紹介いたしましたので、興味のある方はチェックしてみてください。




今回の投稿の流れ




では、説明していきたいと思います。


どこで申請手続きをする?
モルドバの移民帰化局(以下、移民局)にて手続きをしました。

モルドバのキシナウの移民局は日本大使館と大きい通りシュテファン・チェル・マーレを挟んで反対側にあります。





移民局はルーマニア語でBiroul Migrație și Azilと言います。地図上の位置のビルの2階です。


ちなみに同じフロアの反対側のNOTAR(法律的に正式な文書を作成してくれるところ)は外国人に慣れているのと、外国人関係の法律をよく知っているし、人当たりもめちゃくちゃ良いのでオススメです。


Ucrainean Nataliaという方が開いているオフィスなのですが、そこの秘書の女性も聡明な方でフレンドリーで、いろんなNOTAR回りましたがおそらくここが一番かと。とてもお世話になりました。



日本大使館NBCというビルの5階にあります。同じビルにあるURBANという食堂は、食堂には珍しく小洒落た雰囲気で食堂にしては割高ですが、落ち着いた雰囲気でレストランよりも安く食べれるし、お茶するのにも良い雰囲気でお気に入りの場所です。




トップへ戻る⇧

モルドバに入国後まず何をすべき?



私が全ての手続きを終えて思うのは、まずはじめにするべきだったのは、日本大使館に行って、犯罪歴証明書(警察証明)の申請手続きをすることです。


この書類は大使館を通すと2ヶ月近く書類が出来上がるのに時間がかかります。日本での申請は、都道府県の警察にもよるみたいなのですが、モルドバ大使館からのその文書が必要だという趣旨の文書を用意してもらう必要があったりと、なかなか手強そうだったので私は滞在許可をモルドバでとる予定があるのであれば、モルドバに入り次第次の日には日本大使館に言ってこの犯罪歴証明書の申請手続きを行うことをお勧めします。



私はのんびりしてしまったので、ビザなし滞在許可期間30日以上前に滞在許可を申請しなければいけなところを間に合わず、罰金を払いました。ま、お金同じビルで払えば済むので、恐れることもないのですけれども、払わないで済むなら払わないで済んだ方が良いですものね。


※追記:2019年は必要ないと判断されたVIZA-Dが、2020年11月22日に申請しに行った時には日本人も必要だ、と言われました。


結局、滞在許可証延長申請手続き、という形で行けたので、今回は特別になくても乗り切れましたが、もしモルドバで滞在許可証取得の予定がある方は入国後すぐに移民局へ行って詳しいことを聞いてください。



日本人は入国のためのビザは必要なのですが、入国許可証を申請するためのビザが別途必要となる、と複雑怪奇なことを言われたことをここにメモします。



長くなるのでこのことについては後日別記事にし、リンクを貼る予定です。


トップへ戻る⇧
必要になった書類リスト
私たち夫婦が一番最初にしたことは移民局へ行って、どんな書類が必要か聞きました。インフォメーションデスクの人は私が行った当時はちゃんとよく知っている人、よう知らないけどちゃんと対応してくれる人、早く帰れといった感じであしらってくる人まちまちだったので何回か出向きました。

※午前中はよく知っているお姉さんがいる感じなので午前中に行くこと、そしてちゃんと対応してくれる人に当たるまで行き続けることを強くお勧めします。

目を合わさないでしゃべるお兄さんは鼻くそをほじっているだけの給料泥棒なので、あ、この人適当だな、こいつ何にも知らないな、と思ったら別の日の別の時間帯に行くことをお勧めします。


番号札をとって実際に書類の確認をする人に質問するのも良いかと思います、が、日本人について向こうもあまり慣れていないので、1発では済まないと覚悟しておいた方が良いかもしれません。みなさまが1発で書類通せるように詳しく書いていきますが、法律は変わるのでご自身でご確認ください。



インフォメーションデスクでくれたリストには日本語に訳すとざっとこんなことが書いてありました。ちなみにモルドバ人と結婚した人用です。独身の方の場合は、いらない書類や別にいる書類が出てくるはずです、財産証明とか。



1、申請用紙への記入。
2、パスポート本体とコピー
3、婚姻証明書の原本とコピー(ルーマニア語のもの)
4、モルドバ人パートナーの個人カードの本体とコピー
5、子供の出生証明書の原本とコピー(もしあなたに子供がいたら。)
6、どこに済んでいるかを証明できるもの(NOTARで作成した宣言書デコラツャや、住宅の販売契約書)原本とコピー
7、出身国での犯罪歴証明書(警察証明)アポスティーユ(この書類は外務省公認のものであることを証明するもの)つきの原本とNOTARにてルーマニア語に翻訳したもの
8、健康保険(最低でも3ヶ月間の健康保険の契約書)原本とコピー
9、カラー写真3×4



詳しく説明を試みます。


1、申請用紙への記入。


実はこのことについての記憶があやふやなのです。窓口に言って担当の人に質問されながらデータを打ち込まれっていたのかもしれませんし、何か声明文を書かされたのかもしれません、が、いずれにせよ移民局にある書類です。

※夫が宣誓文を書いていました。そして担当のお姉さんは私の情報をコンピューター上のシステムに打ち込み、父親の名前、最終学歴を聞かれました。


2、パスポート本体とコピー


コピーは個人情報のあるページとモルドバの出入国スタンプのついたページ全てを用意。
※保険屋でコピーもしてくれるおばちゃんに、最後にモルドバに入国したスタンプだけで良いと言われ、そして大丈夫でした。

実際には、三日ほどルーマニアに行っていた時間があったので最後にモルドバに入国した2回のスタンプのページをコピーして、受理されました。



トップへ戻る⇧

3、婚姻証明書の原本とコピー(ルーマニア語のもの)


これについては↓
 


で説明しておりますが、婚姻証明書は支払額に応じて出来上がり日数が違いますので、急いで滞在許可を申請する必要のある方はこの婚姻届を出す際に少し多めに払って早めにこの書類ができる様に調整するといいと思います。



4、モルドバ人パートナーの個人カードの本体とコピー


これは文字通りそのままで、パートナーの人が持っているはずの市民権カードみたいなものです。コピー屋さんがコピーの仕方をたいていの場合知っているので勝手にいい感じにコピーしてくれます。




5、子供の出生証明書の原本とコピー


もしあなたに子供がいたら。私にはいないので今回は不要でした。(というか、そもそもsの書類がない。)



トップへ戻る⇧

6、どこに住んでいるかを証明できるもの
(NOTARで作成した宣言書デコラツャや、住宅の販売契約書)原本とコピー

これについては、私のケースを紹介します。私の夫の実家は持ち家なのですが、名義が夫のお姉さん名義です。


(お姉さんが銀行に借金をするために財産が必要だったので、ここから先は愚痴しか出ないので控えます。)なので、お姉さんと、お姉さんの旦那さんも(最終的に必要なかったみたいですが)一緒にNOTARへ行きました。※家主のお姉さんだけで大丈夫でした!


お姉さんに持ってきてもらったのは、家がお姉さんのものであるということの証明書とお姉さんの個人カード(市民権カード)です。


それと私のパスポートを元にお姉さんのお家に私が住んでいますよ、お姉さんもそのことを承諾していますよ、という宣言書(デコラツァ)をNOTARで作成してもらいました。150モルドバレイでした!


もし、あなた自身がモルドバで家を購入し他のであれば、その販売契約書が6の書類に当たるのかと思いますが、詳しくは移民局にお問い合わせください。


もし、賃貸の家である場合も、詳しくは移民局にお問い合わせください。予想的には賃貸の契約書を持って、契約を結んだ人物(パートナーや本人)とNOTARに行って書類を作ってもらうのではないか、という予想です。あくまでも、予想です。



トップへ戻る⇧

7、出身国での犯罪歴証明書(警察証明)アポスティーユつきの原本とNOTARにてルーマニア語に翻訳したもの



はい、これは前述した様に時間に余裕を持って日本大使館に申請する必要があります。大使館で指紋をとります。手にある指全部第二関節まで指紋を綺麗に取らなくてはいけないため、何回もやり直しながら30分くらいかかります。
※今年は全くうまくいかず、後日出直しました!


書類が届き、開封厳禁と書いてありますが、開封しないとNOTARで翻訳できないので、開封します。中には英語、フランス語、ドイツ語で書かれているみたいですが、モルドバやルーマニアでこの書類が必要なのにルーマニア語で書かれていないので、ルーマニア語に翻訳してもらいます。


原本と翻訳したものを提出します。日本大使館を通してできた書類なので、アポスティーユはついているみたいですが、申請するときにちゃんと大使館の人に念のため確認しておきましょう。



8、モルドバの健康保険(最低でも3ヶ月間の健康保険の契約書)原本とコピー


どんな申請期間でも3ヶ月分で良いみたいです。初回申請では1年しか滞在許可がおりませんが、次の申請からは5年(3年??)いけるみたいです。あくまでも、モルドバ人と結婚しているケースですが。同じビルの4階階段上がって右手、さらにすぐに右手のオフィスで契約できました。ちなみにコピーもそこでやってくれました。


※保険屋さんは移民局のある建物の二階。移民局と同じ階の階段挟んで向かい側、最初のお部屋に移っていました。


※延長申請では基本的に3年いけるみたいですが、私の場合、パスポートの期限が2年しかなかったので、パスポートの期限までしかできないと言われました。


トップへ戻る⇧

9、カラー写真3×4


これは、写真屋さんで用意しました。でもその後1ヶ月後移民局の機械で写真取られました。


いざ申請手続きへ!

はい、これらの書類を持って申請しに行きます。番号札をとって呼ばれたら窓口に書類を提出します。税金を支払い、もし、今ある滞在許可の期間が後30日を切っていたら、罰金も払います。罰金は同じビルの4階だったかな、、、保険屋さんの奥のオフィスで払った気がします。

そして全て支払いが終わったら領収書を持って再び同じ窓口へ戻り、1ヶ月後くらいのこの日に来てください、というメモをもらってその日は終了です。

※税金を払う窓口は移民局内にあり、280モルドバレイでした。(2020年11月現在)

補足
誰も説明してくれなかったので1ヶ月後に結構いやな思いをしたのですが、1ヶ月後に滞在許可証が発行されてくるわけではありません。1ヶ月後に何故かもう一度金を払わされ、写真を撮らされ、6秒の間に署名を終わらせろという屈辱を受けねばなりませんでした。しかも窓口の女性は態度の最悪なモルドバ人のくせに不細工な女性でした。(失言しました失礼しました。)私はこのような経験をして二度とモルドバでは滞在許可を申請しないと心に決めました。ああ、思い出しても忌々しい。でも1年後パンデミックのために職を失い、再び申請しなければなりませんでした。



次の投稿で、今日の続きを説明していきます。今日はこの辺で。おやすみなさい。


<モルドバ国際結婚>滞在許可証申請の仕方(体験談)その2へ続く


モルドバ書類申請まとめへ戻る⇦

トップへ戻る⇧


にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
ランキングに参加しています。⇧ポチッと応援よろしくお願いします。


ランキングに参加しています。⇧ポチッと応援よろしくお願いします。



    




関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿